「古物商または古物市場主の遵守すべきルール」の記事一覧

公安委員会による指示、営業の停止、許可の取消しの基準

古物商または古物市場主の遵守すべきルール

公安委員会は、一定の場合、古物商または古物市場主に対し、必要な指示、営業の停止または許可の取消しができることになっています。 古物商や古物市場主は、これらの公安委員会からの処分に従わなければなりません。 しかし、軽微な違・・・

本人確認だけでは不十分!?古物商に課される取引の記録義務

古物商または古物市場主の遵守すべきルール

※恐れ入りますが、古物商許可について電話によるお問い合わせは受付けておりません。 お問い合わせをご希望の方はEメールをご利用いただきます様お願い申し上げます。 古物の取引をする場合、古物商は取引相手の真偽を確認するために・・・

取得するだけでは意味がない!?許可証の携帯義務

古物商または古物市場主の遵守すべきルール

古物商許可を取得すると、許可証が交付されることになります。 許可証は、古物商許可を取得した者であることを証明するものであり、古物の取引の安全を相手に示すものですから、非常に重要な役割を果たしています。 とはいえ、営業所で・・・

競り売り(オークション)をするなら忘れてはならない事前の届出

古物商または古物市場主の遵守すべきルール

競り売りとは、古物商が複数の買い手に価格を競争させて取引を行う営業形態のことで、一般的にオークションと呼ばれているものです。 あまり知られていないかもしれませんが、古物商の許可を受けた者が、古物市場以外の場所で競り売りを・・・

犯罪に加担しないために抑えておきたい古物商の申告義務

古物商または古物市場主の遵守すべきルール

古物商が古物営業を行う際、盗品などを取り扱うことのないように常に注意しなければなりません。 古物営業法15条3項 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとする場合において、当該古物・・・

ページの先頭へ