これから、あなたが計画している古物営業の内容について確認していきます。以下の入力フォームに必要事項を記入し、最後に「送信」をクリックしてください。

確認事項はたくさんありますので誤字脱字がないようご注意ください。なお、この内容は申請書を作成していくうえで必要となるものです。

準備はよろしいですか?

それではじめていきましょう!

    はじめに

    まずは窓口となっているあなたについて教えてください。

    古物営業について

    ここから本番です。もし営業所や管理者が複数の場合などフォームに記入しきれない部分については下部にある「11.備考欄」に記入してください。

    1.申請人の情報 (※許可を受ける人)必須







    ※携帯電話・固定電話どちらでもかまいません。




    ※営業所以外で古物営業をする場合は「する」を選びます。


    古物の区分が分からない方はこちらでご確認ください。

    5.営業所の情報必須

    ※屋号や店舗名のこと。ない場合は名字となります。






    ※携帯電話・固定電話どちらでもかまいません。


    古物の区分が分からない方はこちらでご確認ください。

    7.管理者の情報(※常勤の古物営業責任者)必須

    「いいえ」の場合のみ記入してください。







    ※携帯電話・固定電話どちらでもかまいません。



    ※販売だけのHP、オークションサイトのみは「利用しない」


    ※複数可。改行できます。


    古物営業に関する質問事項

    次に古物営業に関する質問にご回答ください。これらの内容は警察署でよく質問されるもですので、できるだけ具体的にお願いします。


    ※具体的な品目を挙げてください。


    ※インターネットを利用する場合はどのECサイト(メルカリ、ヤフオク、アマゾンなど)使うか教えてください。


    ※自動車など大きなものを取り扱う場合は十分な保管スペースがあるかどうか確認されます。

    質問事項は以上です。

    なお、今後もいくつか確認すべき事項があった場合は個別にメールにて質問をさせていただきますのでご協力をお願いいたします。

    本人確認資料の添付

    申請人および管理者の本人確認のため、画像付きの身分証明書(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)の写真またはスキャンデータを添付してください。

    なお、申請人と管理者が別人の場合や管理者が複数の場合は全員分を添付してください。


    ※ファイルは3MBまで、JPG JPEG PNG GIF PDFの形式のみ






    ※ファイルは3MBまで、JPG JPEG PNG GIF PDFの形式のみ

    申請人・管理者の職歴と住所歴

    次に、申請人と管理者の職歴と住所歴を回答していただきますが、フォームは別のページに用意してあります。

    まずはこのページの内容を送信してから下のリンク先へ移動してください。




    フォームはこちらです。クリックして移動してください。